授乳室の安全性の技術基準のための業界標準を公布する旅行




数日前、広州税関技術センターでは、広東省のベビー用品標準化技術委員会の事務局の仕事を引き受けるために、業界標準の管理に属する "母親と赤ちゃんの部屋の安全技術仕様"(DB44/T2279-2021)は発表を発表し、これはまた広東省で初めて母乳室の安全性集運推薦に関する標準的な規範を発表しました、広東省の母乳室の建設は規範道路のトラックを入力することを意味します。 同時に、中国初の安全面からの授乳室の規範化であり、全国の授乳室の基本建設に全面的な先導効果を発揮しています。
今回公布された「母子室の安全に関する技術仕様」(以下、技術仕様)は、母親と赤ちゃんの要求を正確に結びつけ、授乳室の生態環境、環境衛生、支援設備・機器、安全警告表示について品質認証レベルの統一仕様を定めています。
技術基準では、授乳室をその総面積と備えるべき施設・設備の状態によって3つに分類している。まず、A類快適授乳室は、通常室内の総面積が10平方メートpat pat膏消委會ル以上で、授乳設備、赤ちゃん交換設備、衛生設備、便利設備、ガス設備、補助設備、情報管理設備などの設備を完備し、上記設備の科学的かつ合理的な配置・システムを実行するものである。 第二に、クラスBの基本的な授乳室は、通常、延べ床面積が5平方メートル以上で、授乳器具、赤ちゃんのおむつ交換器具、簡単で便利な器具などの基本的な器具を備えている。第三に、クラスCの基本的な授乳室は、通常、延べ床面積が2平方メートル以上、5平方メートル未満で、授乳と赤ちゃんのおむつ交換に不可欠な器具などの簡単な器具のみを備えたものである。
技術基準では、延べ床面積が10,000平方メートル以上、または1日の人の流れが1万人以上の公共の場では、独立した授乳室の使用面積を10平方メートル以上確保すること、公共の場の目立つ場所に表示を実施することが求められています。 同時に、授乳室は授乳、授乳、赤ちゃんのおむつ交換、母性休養関連の設備にのみ使用し、授乳に関係ない、または適合しない施設や設備には使用しない、汚れた収納はしない、物置など他の役割には使用しないようにすること。


関連記事:
お母さんは必ずこの4点を持参してください、とても便利です。
赤ちゃん連れのママ必見!マミーバッグの脂肪を減らすコツ
寶媽在交通出行情況下,許多事必須事先考慮到的,你是怎么分配帶


肝臓がんに対する第3世代標的薬とは?

第3世代の標的治療薬には、オクトレオチドが含まれています。 一般にゲフィチニブを筆頭とする進行肺癌の第三世代標的薬は、非常に確立された標的薬であり、標的薬を治療に適用する前に、まず上皮の実験を行い、その結論に基づいて対応する薬剤を選択する必要があります。 EGFR標的薬の第一世代であるエルロチニブ、ゲフィチニブ、エクチニブから、第二世代のアファチニブ、ダシチニブ、そして第三世代のオキシチニブへ。
肝臓がんに良い果物とは
肝臓がんの患者さんの場合、第三代標靶藥肺がんの初期段階であれば、手術後に完治し、その後の治療も必要ないので、どんな果物を食べればいいのでしょうか? あまり冷たいものは良くないので、食べないようにしましょう。 肝臓癌の患者は、ほとんどが脾臓と腎臓の過不足、気血両虚なので、栄養の充填を強化しなければならず、新鮮な果物などを食べることができるが、血糖値の高い患者は、血糖値が非常に上がりやすい新鮮な果物をあまり食べない方が良く、脾胃が弱い患者は通常あまり食べない方が良いとされている。 肝臓癌の患者は合理的な食事に加えて、喫煙と飲酒をやめなければなりません。また、通常、癌を防ぐために漢方薬を内服することができ、源流を支配し、免疫力を高め、癌細胞の成長と発展を抑制することができるのです。
肺がん手術後の回復期における下痢について
肝臓癌の下痢は、細菌感染によるものです。 弁証論治の基準である「壮正癌予防」と「福正攘夷」に従って、姚医局は補陰、補気血、陰陽、益気血、清熱除火、活血瘀、解結、止咳痰、除湿、濁気解毒、毒物対毒物の措置を採用し、患者の陰陽バランスを調整し抵抗力を高めることによって腫瘍の治療に実際の効果があるのである。



醫治肝癌的靶向藥是是如何殺死我們的癌細胞的?

診斷為癌症,很多人都一下子崩潰了。王寶鍔醫生表示針對癌病,患者都不應當放棄醫治的。那麼,醫治肝癌的靶向藥是啥?如何治療?腎腫瘤亦稱腎細胞癌、第三代標靶藥針對腎腺癌,是最多見的腎臟功能本質鼦性惡性腫瘤,其始於腎小管損傷鱗狀上皮細胞,還可以產生...


すべての生徒がさらに成長する可能性を持っている中で、どのように自立学習




1
自己調整とは、生徒が先生を喜ばせるためでも、「やらなければならない」ことでもなく、自分自身の内的な理由で何かをやりたいと思うことです。
生徒が主体となって、グロースマインドセット小學中文練習を形成する主体になることが重要であることは間違いありません。 初等科の授業では、生徒の学習やトレーニングに対する自発的な意欲が行ったり来たりしているように感じることもありますが、生徒の変容も見られ、閃きではなく、成長できる習慣になっているのだと思います。
しかし、これは生徒が先生と一緒に冒険に出かけ、学習やトレーニングへの取り組み方を変えたいと思った場合にのみ起こることです。
2
グロースマインドセットは、小学生が学習意欲に苦しむように、専門的なスキルではなく、優越感に大きく基づいています。 この意欲が自然に身にmsc學位つき、自然な学習行動の一部となれば、教師に頼り続けることが少なくなるように、これまでの学習やトレーニングに対する感覚も変化していくことでしょう。
ジュリアは当初、研修生を専門知識や理解を伝えるための空っぽの器として扱い、教師養成を受け入れていた。 しかし、研修生自身に見学させてこそ、教師も本領を発揮できることを知るのに、時間はかからなかった。 本質的な原動力から学びたいということであれば、他の生徒の背中を押せるような形でトレーニングを学ぶことができる可能性が高くなるのです。 マーサ・カールトンとアダム・ウィンスローは、教室での授業や学習という自然環境が、本質的な動機付けを形成するために何が有用であるかを検討し、次のように結論付けています。
研修生は、カリキュラムの構成を自由に探ることができなければなりません。 テストにかけられ、自分で全体的な目標を設定し、自分の成功を評価する必要があります。 特に、このような学習トレーニングを行うためには、自然な環境づくりが大切です。 研修生に適切なテストを与え、好奇心を刺激するためには、テーマとなる活動を慎重に選択する必要があります。 適切なコーチングと足場作りで、子どもたちの発達の可能性を最大限に引き出します。
3
参加者は自分の学習トレーニングを管理すると同時に、綿密に構築された「サポートフレーム」を持ち、それを適用する必要があります。 この原動力を全体的な目標としてトレーニングするのが好まれるのです。 研修生は、学習の全体的な目標、目的地、終点を見据えます。 射る矢が大きければ大きいほど、当たる確率は高くなる。 その矢は、トレーニングの機会を確保すること、難しくても挑戦することを奨励すること、家庭での勉強に応用できることを意味します。 すべての学習トレーニングで必要なわけではありませんが、それでもモチベーションは、最終的にトレーニング生が成功を収めるための具体的なツールとして有効です。
モチベーションが高ければ高いほど、生徒が達成できるチャンスも多くなります。 教師としては、このモチベーションを生徒の学習訓練への受け入れに応用することが全体の目標になります。
子どもがグロースマインドセットを持つようになるのはなぜか?
試されていると感じるきっかけに。
新しいことを学び、訓練することの面白さ。
他の学生が自分たちに何を提供できるかを知りたい。
実現が困難と思われることがあるという客観的事実を受け止めること。
自分を高めようとする気持ち。
改善のきっかけになる。


関連記事:
優秀生每日做的一些事,教師轉至學員,共同進步
若者の家庭学習生活になぜしないのか
学習者に必須の改訂版! 運動で学習とトレーニングが半分になるとは?